着磁、磁場配向、電磁石など磁石製造に関わる磁場発生装置の専門メーカー

ご利用の流れ

OP電子工業では、お客様のひとつひとつのご要望に応じて、カスタムメイドで磁場発生装置の設計開発・製造を行っています。
お問い合わせから納入まで、一貫した工程で開発・製造を行います。

はじめに

 磁場を必要とする対象や用途に応じて、必要な設備の構成は異なります。 当社では、着磁や磁場配向など、目的に応じて最適な構成を提案可能です。先ずは、お客様のご要件をお知らせください。磁場を必要とする対象物の情報、磁性体であれば、その材質や必要とする磁場の強さ、導入する予定時期など、お知らせください。 以下には、着磁設備、磁場配向設備、電磁石の事例をご紹介いたします。

お引き合い

既存の設備構成等をお聞きしながら、ご依頼の仕様を確認をさせて頂きます。着磁装置の場合、ワークに沿った着磁ヨーク、着磁電源のほか、磁束測定用のフラックスメーターや負荷過熱防止のためのチラー等が必要になる場合も御座います。また、仕様によっては過熱監視用に温度センサーなどを負荷に内蔵するケースも御座います。時間軸の情報も交えて打合せさせて頂きます。

お見積り

ご依頼の仕様に対して弊社側で構想起案致します。仕様書・外観図を作成します。候補部材を選定しお見積りを作成します。

受注

ご発注後、社内受注登録致します。

設計

各構成部材の図面を作成し部品表を完成させます。部材の社内在庫を確認し、不足分は社外に手配します。

製作

購入部材の受け入れ検査を実施します。設計の出図を確認し製作図面に沿って製造します。各工程での製作過程を記録します。

調整・検査

製品により調整作業を行います。完成品検査を行い、データ採取します。

出荷

製品を梱包して出荷します。配車の必要な場合はアレンジ後お客様にご案内します。

立会い

製品搬入後、お客様立会いの下、設置工事、試運転確認作業を実施します。

検収

納品書を発行し送付致します。