着磁、磁場配向、電磁石など磁石製造に関わる磁場発生装置の専門メーカー

磁場配向とは

磁場配向とは

 磁石の製造において、成形工程で磁石材料に磁場をかけながら成形すると、材料の結晶配列の方向がそろい、成形後の磁石を着磁したときに、特定方向の磁力がより強くなります。この工程を「磁場中成形」と呼び、こうして製造された磁石を「異方性磁石」と呼びます。
 この異方性磁石の製造には、プレス成形、射出成形、押出成形など各種成形方法に応じた専用の磁場成形機が必要です。OP電子工業では、これらの磁場成形機向けの「磁場配向装置」を各種提供しています。
 磁場配向装置は、磁場電源と磁場コイル、または磁場配向ヨークを組み合わせて用い、連続した磁場を発生させる連続直流方式と、瞬間的な磁場を発生させるパルス方式があります。また、プレス成形用では、通電電流制御により、成形に続いてワークの脱磁および金型脱磁を連動して行う事ができます。
 成形方法、発生磁界強度、金型寸法、サイクルタイム等、ご要望に応じて最適な構成でご提案します。

連続直流方式

専用の直流電源と磁場コイルを組み合わせて用います。直角異方性(横磁界)、平行異方性(縦磁界)、ラジアル異方性(ラジアル磁界)の各種成形用途に対応します。

対応する成形機:機械/油圧プレス、射出、押出

詳細を見る

パルス方式

専用のパルス配向電源と配向コイルまたは配向ヨークを組み合わせて用います。主に極異方性磁石の成形に用います。

対応する成形機:機械/油圧プレス

詳細を見る